北九州|ボクシングジム|フィットネス|ピラティス・エクササイズ

トレーナー(公財)日本体育協会公認スポーツ指導者
(一財)日能会認定ピラティスインストラクター

連絡先:090-7396-6295

Healthy body

ダイエット(制限食)無し。体脂肪率マイナス8%のKAさん。

体脂肪率マイナス8%

(1)トレーニング開始/5月23日(2)6ヶ月弱後/11月2日


ダイエット(制限食)無し。体重、マイナス20kg。さらにお腹周り腰周りの体脂肪を燃焼させ、リバウンドしない身体を創ったFUさん。

体重、マイナス20kg

(1)トレーニング開始/3月24日(2)6ヶ月弱後/9月6日
※トレーニング前には、シュークリームを1個。低血糖症予防にも配慮するFUさん。


二児のお母様、34歳のMIさん。エクササイズ開始後、女性アスリート
なみの体脂肪率18%。もちろんダイエット(制限食)無し。

体脂肪率マイナス9%

(1)トレーニング開始/1月18日(2)6ヶ月弱後/7月11日
※背筋と腹筋が綺麗に見える、MIさん。大腿筋も理想的な引締まり。


運動を習慣にする。これに勝る身体の絞込方法はありません。


ダイエット(制限食)無し。2ヵ月間で体重マイナス7kgのMAさん。


(1)トレーニング開始の2月5日・体重83kg(2)3月16日・体重79kg(3)4月10日・77kg
【全て実例写真】

高血糖状態が長期間継続していた60歳間近の男性。ヘモグロビンA1c値を下げるには、先ず1カ月間教育入院して糖尿病食を採らないといけない、もちろんアルコール摂取は一切不可、体重も10kg落とすように医師から指導されました。しかし、自分の勤務状況を考えれば1カ月の入院は到底無理。
そこで思いつかれたのが昔から言われている、『運動習慣に勝る健康方法は無し』。

MAさん、入会から3カ月間に亘って週2回のトレーニングで、ヘモグロビンA1c値が医師も驚いた0.8%ダウンの成果。制限数値の6.5%未満クリアまで僅か。体重も7kgダウン。トレーニング開始から、10ヶ月間が過ぎても。週2回のエクササイズを欠かさず、ダイエット(制限食)無しに健康な生活を続けられています。
当ジムは食事制限も飲酒制限もすすめませんので、普段と変わらない食生活でした。食事制限や飲酒制限は、心的ストレスで必ずリバウンドを招きます。

1週間寝たきりだと、筋力が20%低下(厚生労働省調査)。これが1カ月も入院すると、筋量まで落ちて基礎代謝も下がるのは必然。特に下半身の筋量は、上半身の3倍のスピードで減少すると言われています。不使用退化ほど体に良くないものはありません。筋力も筋量も、トレーニングを継続した時間と期間だけ保持されます。

当ジムのトレーニングは、すべてプラス思考。ダイエット(制限食)は一切しない。逆に会員それぞれの総代謝量に見合う高タンパク質の食事を採って、インナーマッスルを増量することで基礎代謝を上げる。体脂肪の燃焼効率を向上させ、太りにくい(リバウンドしにくい)体質創りをしています。スイーツもアイスクリームもOK。但しCal摂取し過ぎたと思った時は、翌日すぐにトレーニングで体脂肪を燃焼させる。このようにジムでは前向きな解決方法に努めています。フィットネスでは、『頑張らない、でも諦めない』のスピリットで会員の皆さん、確実な成果を得られています。


自分の健康状態を客観的な数値で!

ジムでは、自分の健康状態を的確に判断するため、体内測定値計を備えています。6カ月間通常メニューでトレーニングを行った60歳・男性の数値は、次のとおりです。

■体脂肪率
トレーニング開始当初26%。軽肥満域だった体脂肪率が、アスリート並みの17%代に。糖尿病、高血圧、高脂血症となるリスクが大きく下がりました。

■基礎代謝量
60歳で平均1,380kcalの基礎代謝量が、トレーニングの結果1,500kcal台まで向上。身体を動かさなくても、毎日140kcal(ご飯一膳分)分の熱量が消費される、太りにくい体質に改善されました。

■BMI肥満指数
BMIは身長と体重から、隠れ肥満指数を示す数値。6カ月間のトレーニングで、BMI27の肥満レベルから25未満の23.3へ。BMI肥満指数25未満の、普通レベルになりました。

■体重
体重もトレーニング開始当初の75kgら7kg近くダウン。実年齢60歳ですが、学生時代の体重63kgが間近になりました。

■体内年齢
内臓脂肪レベルや筋肉量も、常時測定。実年齢60歳が、わずか半年間のトレーニングの結果、体内年齢47歳まで若返りました。

※総ての数値は、食物や飲酒制限のダイエット(制限職)は一切無し。通常メニューのトレーニングのみで
られた結果です。

Recommendation of eating between meal.

当ジムは、間食をお奨めしています。特に昼食から夕食までの長時間に亘る空腹状態は、夕食に大喰となる原因。個人個人それぞれの総代謝量内で、間食を採る。食事では咀嚼回数を増やして、脳の満腹中枢を刺激する。
是非、会員となった皆様に実行していただきたい、美しいボディラインづくりの一要素です。
詳細はトレーナーに、ご相談ください。

Boxing spirit

当ジムは、福岡県ボクシング連盟加盟ジムです。
(一社)日本ボクシング連盟より抜粋の下記憲章を遵守します。

《アマチュアボクシング憲章》
・我々アマチュアボクシング競技者および役員は、当精神を基調として
技し、または役員として行動する。

一、ボクシングを愛し楽しむため、自発的に行動する。
一、競技規則はもとより、連盟の定款および規則を遵守し、
ェアプレーに徹する。
一、常に相手を尊重し、自己の最善を尽くす。
一、連盟で認められた以外に、競技者または役員としての行動によって、
ら物質的利益を求めない。
一、競技者および役員として得た名声を、商業宣伝のために利用しない。

※詳細はFeeのコンテンツをご覧ください。

Pinボクシング&フィットネスジム北九州顧問、岡畑良治氏。ボクシングの聖地、後楽園ホールを沸かし続けた、関東エリアA級ライセンス。

施設情報

所在:北九州市小倉北区吉野町13-1
チュリス小倉1F
(国号3号線 貴船町バス停より徒歩1分)
TEL:090-7396-6295
【利用時間】
月・火・木・金曜日:13:00~22:00
水・土曜日:13:00~19:00
※各曜日とも閉館時間の1時間前までに、
ムへご入館ください。
【休日】日曜日・祝日・年末年始
季休暇、指導者研修日

ジム会員様・ご入会決定者様に限り、
(一社)日本ボクシング連盟公認、
(一財)日本プロボクシング協会公認
ローブ他・各種用具を定価の30%OFF
(当ジムはNo, the margin)にて
取り寄せさせていただきます。

↑ PAGE TOP